大掃除したクローゼット

ちょっと油断すると汚くなりがちなクローゼット。
お洋服をキレイに入れ替えて限られたスペースを有効活用しませんか?

クローゼットを大掃除する3つのコツをご紹介します!

1.丈を揃える

これ基本ですけど意外とできていないんですよね。
適当にハンガーに掛けていくと、なし崩しに秩序が乱れます。

例えばこんな感じの入れ方はNGです。

間違ったクローゼットの使い方
クローゼットのスペースを有効に活用できません。

何にも使えない、無駄な空間が出来上がってしまいます。

丈の長いもの、丈の短いものをまとめて掛ければ、こんな感じで使えるスペースが生まれます。

 

正しいクローゼットの使い方

ただ順番を入れ替えただけですが、こんなに広いスペースができました。

このように整然と並んでいれば、コーディネートを考えるときも迷いませんね。

下の有効スペースには、引き出し型の収納ボックスを置けばさらに収納効率は上がります。

天馬 Fits フィッツケース
天馬 Fits フィッツケース

このようにクローゼットを使えたらバッチリですね!

 

2.思い切って捨てる

まぁこれはわかっていても、なかなか実行できないのですが、必要ないお洋服は処分してしまうのが一番いいですよね。
ポイントとしては、自分なりの判断基準を決めておく事だそうです。

ワンシーズン着なかった

そのシーズンに一度も袖を通さなかったお洋服は、来年も着ない場合が多いですよね。

流行でない、好きなファッションが変わった、など理由は様々ですが、このような場合は今後もまず着ないと思っていいでしょう。

サイズが合わない

これも処分するいいタイミングですね。
サイズが合わなくなったお洋服を後生大事に持っていても意味がありません。

そのうちにシルエットのトレンドも変わっていくので、ますます着る機会は無くなるでしょう。

買い替えのタイミングを決める

お洋服は洗濯(もしくはクリーニング)や着用を繰り返すたびに、経年劣化していきます。
消耗品なのです。

例えば”購入してから3年”と買い替えのタイミングを決めてしまえば、躊躇せず処分できますよね。

売る

今は、オークションやフリマアプリなど個人でお洋服を売る手段はいくらでもあります。
単純に捨ててしまうよりも、求めている人が使ってくれたほうが気分も良いですよね。

人気のブランドだったり、コンディションは良いけど好みが変わった、などの場合にはこのような方法もよいでしょう。

3.衣類の保管サービスを利用する

すみません・・・最後は宣伝です。。

クリーニング店のサービスで”お洋服のシーズン保管”というものがあります。
クリーニングしたお洋服を来シーズンまでお預かりするサービスです。

今までクローゼットにしまっていたお洋服がごっそりいなくなるので、収納スペースが格段に広がります。

  • hokan
  • 宅配クリーニング+保管5点セット
  • ¥4,240(税別)
  • hokan_10
  • 宅配クリーニング+保管10点セット
  • ¥5,980(税別)

まとめ

限られた空間を有効に使うためには、何らかの工夫が必要です。
何も考えずにお洋服をしまっていくと、アッという間にスペースが無くなってしまいます。

このようなポイントをしっかりと押さえて、クローゼットを大掃除してください!