ミニシーツロール
こちらはミニタイプのシーツロールです。

スピードでは大きいタイプに劣りますが、画像のような枕カバー(ピロケース)やナフキンなど細かいアイテムには最適です。

基本的な構造は通常のシーツロールと変わりません。

中に設置されている熱されたドラムがアイロンの役割をしてプレス仕上げしていきます。

白衣のプレス機こちらは白衣などをプレス仕上げする機械です。

画像の人形にアイテムを着せてスタートすると、前後から熱された鉄板が挟み込みプレスされます。

画像では見えませんが前後に2体の人形が設置されており、スタートすると回転します。
片方をセットしている間に片方がプレスされる、という流れをくり返し行う構造です。

ワイシャツのプレス機も同じような形状です。
ワイシャツもこのようなプレス機を使用し、短時間で仕上げることで1着100前後という低価格を実現しています。

平プレスこちらは平モノをプレスする機械です。

前掛けやコック帽、ナースキャップなどですね。

画像の銀色の部分がアイロンの役目を担う鉄板です。

スタートするとこちらの鉄板が降りてきて挟み込み、プレスされる仕組みです。

単純な構造のため、様々なアイテムに対応できる万能プレス機です。

結束機こちらは結束機になります。

紐で縛るだけ・・・、といえばそうなのですが、人の手ではなかなか面倒な作業も機械を使えば一瞬で終了します。

完成したクリーニング品は、数量の管理や運搬中に荷崩れしないよう結束されて出荷を待ちます。

このページで紹介したのはちょっと脇役的な機械ばかりですが、どれも役に立ち、絶対に必要な機械たちです。

 

お洗濯.netの工場見学へ戻る

index_logo2