シーツや布団カバーの投入は、2人ひと組で行います。
両端を持ちご覧のようにロールへ入れていきます。

シーツが吸い込まれた先には表面が高温になったドラムが待っています。
これがアイロンのかわりとなってプレス仕上げされる仕組みです。

シーツや布団カバーの他、枕カバーや浴衣、テーブルクロスなども仕上げることができます。

当社のシーツロールは2人ひと組で人間が投入していますが、法人クリーニングを専門に扱う企業の工場では投入すらも機械が行うタイプもあります。
人間の作業はシーツの両はしを機械にセットするだけ。
機械がシーツを自動で広げて自動で投入します。

さらにセンサーがついており、小さいシミや穴を感知して正常品と不良品を振り分けるシステムまでついています。
ここまでくると人間は本当に補助するだけ、機械が全てをやってくれます。
すごいですね。

キレイにプレスされたシーツや布団カバーは、シーツロールに接続されたフォルダーへ流れていきます。
フォルダーとは、流れてきたアイテムを自動でたたんでくれる機械です。

動画の部分はたたまれる工程の一部です。
動画の時点ではすでに2段階たたまれていて、真ん中で半分に折りたたんでいる様子になります。

この機械のおかげで一定のペースを崩さずにシーツを投入することができます。
1枚ずつ手でたたんでいたら投入スピードに追いつきません。

ただこの機械に対応できないアイテムですと厄介です。
シーツにも様々なサイズがあり、テーブルクロスにも正方形、長方形、円形など色々な種類があります。

これら全てにはさすがに対応できず、一部人の手でたたんでいるアイテムもございます。

しかし、ほとんどのアイテムはこの機械で対応可能なので「ただ、たたんでいるだけ」なのですが、なくてはならない重要な機械になります。
お洗濯.netの工場見学へ戻る