• スタッフジャンパー大量クリーニングお見積もりフォーム

  • ご依頼点数をご入力いただくと概算のお見積りをご確認いただけます。

  • 正式なお見積り、詳細なお打ち合わせはこちらからお問い合わせください。

過去のクリーニング事例

%e7%99%bd%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc

企業様から白のスタッフジャンパーをお預かりしました。

薄手のイベント用ジャンパーです。

プリント装飾が施されているため、優しい洗浄と自然乾燥にてデリケートなクリーニングを行いました。

%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc

こちらも企業様からお預かりしたスタッフジャンパーです。

秋冬用のユニフォームでしょうか。

お色が濃紺のため洗剤と洗浄プログラムにこだわり、色落ちを最小限に抑えながらクリーニングしました。

 

これらは一部の事例ですが、イベントシーズン後や春先に数多くのスタッフジャンパーをお預かりしています。

クリーニング工程

こちらではスタッフジャンパーのクリーニング工程をご紹介します。

洗浄

ダウンの汚れをブラッシング

襟回りや袖口、目立つ汚れは洗浄前に下洗いしておきます。

スタッフジャンパーはプリント装飾されている場合が多く、むやみに洗浄力を上げることはできないので、この下処理が重要になってきます。

プリントは熱や強い力ではがれる可能性が高いのです。

デリケート衣類用洗剤を入れる

濃色の綿素材の場合には色落にも注意しなければなりません。

場合によっては、いわゆるデリケート衣類用と呼ばれる中性洗剤を使うこともあります。

さらに洗浄プログラムも操作して、適切な方法でクリーニングしていきます。

このようにスタッフジャンパーの色や素材、汚れの状態によって洗い方を細かく変えていくのです。

乾燥

%e8%87%aa%e7%84%b6%e4%b9%be%e7%87%a5%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc

プリント装飾されているジャンパーは、すべて自然乾燥になります。

それは前途の通り、熱でプリントがはがれてしまう恐れがあるからです。

また、ポリエステルなどの化学繊維は高温になると変形し、きついシワがついて伸びなくなることもあります。

このような理由で基本的には自然乾燥。

中綿入りの場合にはふっくら感を復元させるため、短時間のタンブリング(乾燥機)で仕上げることがあります。

仕上げ

%e6%9c%80%e7%b5%82%e4%bb%95%e4%b8%8a%e3%81%92

乾燥が終わったら仕上げ工程です。

お洗濯.netでは、専用の仕上げ機とハンドアイロンを使って最終仕上げを行います。

この両方の作業を行うことで、細かい部分までキレイな状態に仕上げることができます。

包装

包装はサイズ別、色別、個別包装など、お客様のご要望にできる限り対応しています。

次回も使いやすいよう、お客様のご要望を何なりとお申し付けください。