ボールペンは綺麗になる可能性が高いです。

ただし、付着してから長い時間が経過している場合、特に濃く付着し繊維の奥まで浸透してしまっている場合は完全に落としきることはできません。
例えば、ポケットの底に溜まったボールペンのインクのように、長い時間経過し繊維の奥まで浸透したシミは完全に落ちません。

不注意でボールペンが当たってしまい、1本の線を書いてしまったような場合は落ちる可能性が高いです。
インク繊維の奥まで入り込んでいないので比較的容易に落とすことができます。

いずれの場合にも「全くシミが動かない」という事は少ないです。
現状よりも改善することが多いので、諦めずにご相談してみてください。

ボールペンのインク落としは無料シミ抜きの範囲で十分対応可能なのでご安心ください。

落とし方

基本的には油性のシミ抜き剤を使用し、インクをたたき出していく作業となります。
生地を傷めないよう丁寧に根気よくシミを抜いていきます。

また、インクが濃く付着してしまっている時には、シミ抜き剤をつけた瞬間にシミが広がり、元の状態よりも被害が大きくなってしまうことに気をつけなければなりません。

お客様側でシミ抜きにチャレンジし失敗した事例でも多いのが、この被害の拡大です。
元はもっと小さいシミだったはずが、いたるところに広がった状態でお持ちになられることも少なくありません。

この点、私共が使用しているシミ抜き機ではバキューム機能が付いており、常に洗浄液を吸い出しながら作業を行うので、その心配はございません。

インクのシミに限った事ではございませんが、安易に触らずクリーニング店へご相談ください。

Q&Aページに戻る