衣類に生えてしまったカビは種類によってしみ抜きの難易度が違います。

カビは白、黒、赤、緑・・・など様々な種類があります。
このうち衣類に生える可能性が高いのは、白カビと黒カビです。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

白カビ

白カビは水洗いでもドライクリーニングでも通常の洗いで落とす事が可能です。
正確には表面上の胞子は洗い流されていて、根は残っている状態ですが、見た目にはわからず着用上の問題はございません。

さらに言えば払い落とすだけでも表面的な胞子は無くなります。
しかし、やはり丸洗いして洗い流した方が(繊維の奥に張っている根っこを除いて)繊維に入っている胞子もきれいに落とせます。

スーツや礼服を久しぶりに着ようと思ったらカビが生えてる!なんていう時はほとんど白カビです。

お客様はカビが生えてるという事で驚かれますが、ほとんどの場合キレイに落ちます。
ご安心ください。

黒カビ

黒カビはなかなか落ちません。

塩素漂白、還元漂白などを行うと黒い色を落とせる可能性はございますが、非常に強力なしみ抜きとなりますので、処置できる素材が限られます。

例えば、真っ白で何の装飾もない綿製品(シャツやシーツ)でしたらしみ抜きできますが、その他ほとんどの衣類には対応できません。
現実的には「黒カビは落とせない」と思っていただくしかありません。

発生を防ぐには

条件が整うとカビはすぐに生えてしまいます。

条件のうち養分に関しては、お洋服そのものなので防ぎようがありません。
あとは保管中の湿気を調整するのみです。

定期的な換気、余裕を持ったスペースへの収納、除湿剤の活用、取り出して風乾する、などが湿気を防ぐ方法となります。
しかし、湿気は収納場所の(もっと言えばお家の)構造、地域、気候など様々な要因が絡むので、湿気対策は本当に難しい問題です。

Q&Aページに戻る