ウール製品は虫食いが起きやすい素材です。
スーツやセーター、コート、ウールで作られたリブ部分などは注意が必要です。

ウール製品だけでなく、毛皮や絹などタンパク質を含む繊維は虫の大好物です。
ここに、食べ物の汚れ等が付着していると食害の可能性はかなり高くなってしまいます。

クリーニング後に穴が開く

虫食いの被害に遭っていても、その時点で必ず穴が空く訳ではありません。
その時点では繊維が穴の上に乗っている状態で、見た目には穴が空いていない(ように見える)事があります。

この場合には、クリーニングした時に乗っていた繊維が脱落し、穴が空くことになります。

虫食いで穴があいたスーツ「クリーニングで失敗した!」と思われるかもしれませんがそうではないのです。

特徴としては引っ掛けたような糸のほつれは無く、ポッカリとその部分だけ繊維が脱落したような状態となります。
(わかりにくい説明で申し訳ございません・・・。)

不明な場合は、繊維鑑定に出すと一目瞭然です。

繊維鑑定このようにはっきりと噛んだ歯型の跡が残ります。

虫食いに遭わないためには、定期的にクリーニングして汚れを落とし、長期間着用しないような場合はクローゼットを換気して、お洋服を取り出し、虫干ししてください。

市販の防虫剤も効果的です。
※防虫剤を使用する際には、メーカーさん指定の使用方法をよく確認してください。使用方法を間違えると防虫効果は半減し、虫食いに遭うことがあります。

Q&Aに戻る