お洗濯.netロゴ

こんにちは!お洗濯.netです。
今回もお洗濯に役立つ情報をお届けしますよ!

浴衣を洗たくする!

7月の下旬ごろから、各地で夏祭りや花火大会が開催されるお祭りシーズンに入ってきますね。

浴衣を着てお出かけになる方も多いことでしょう。

皆さんはそのようなお祭り用浴衣をどのようにお手入れされてますか?

しまう前にはクリーニングもおススメですが、シーズン中に何度も着用される方はご自身で洗ってしまう方が効率的!

そこで浴衣を上手に洗うポイントを見てみましょう。

ポイント1:色落ちチェックしよう

浴衣の女性

デリケート衣類用中性洗剤を原液のまま浴衣に塗ってしばらく放置してから、白い布をあてて色落ちするか確認してみましょう。

激しく色が落ちる場合には洗濯時間をできるだけ短くして手早く洗い上げるなどの対応が必要になります。

もちろん他の洗濯物と一緒に洗うのもNGです。

ポイント2:デリケート衣類用中性洗剤で手洗いしよう

続いて洗濯方法ですが、洗浄力の高い粉末洗剤を使ったり、洗濯機でガシャガシャと洗ってはいけません。

色落ちや型崩れの危険性が高まってしまいます。

  • デリケート衣類用中性洗剤を使う
  • 手洗いで優しく、そして短時間で洗い切る
  • なるべく冷たい水で洗う

これら全ては色落ちや型崩れを抑える対策になります。

ポイント3:着物用のハンガーを使おう

型崩れしないように乾かすならば、着物用のハンガーがおススメです。

伸縮式きものハンガー
伸縮式きものハンガー

伸縮式になっていて、浴衣を目いっぱい広げた状態でも型崩れなくキレイに干すことができます。

1本1000円前後で購入できるのでひとつ持っておくのがおススメですが、100円ショップで幅広のハンガーを探すのもいいですね。

伸縮式のバスタオルハンガーなんかがピッタリなのではないでしょうか。

関連コンテンツ

⇒浴衣を洗濯する【プロ直伝】の方法

⇒雨で濡れた浴衣のお手入れ

⇒浴衣の着付けと帯の結び方

 

※このページはお洗濯.netが配信しているメルマガのバックナンバーです。

メルマガバックナンバーの一覧はこちらから