並行輸入された商品

最近”並行輸入品”という言葉を目にする機会が増えたと思いませんか?

それ自体は昔からありましたが、一般の人たちにはあまり馴染みのない言葉でした。

しかし、ネットショッピングの認知が高ってくると同時に、並行輸入品を購入する機会も増えてきたんです。

こちらでは、そんな並行輸入と正規輸入の違いや、メリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

海外品を輸入するときの違い

海外ブランドの商品を我々が手にするためには、なんらかの流通を利用して日本に輸入してこなければなりません。

同じ商品でも、その流通経路によって取り扱いが変わってくるのです。

その違いによって表題にも出てきた並行輸入品と呼ばれたり、正規輸入品と呼ばれたりします。

まずは、その意味を確認しておきましょう。

正規輸入

これは言うまでもなくというところかもしれませんが、海外ブランドの正規日本代理店が輸入し、国内に流通させる流れです。

海外メーカー

日本の正規代理店

日本の小売店・販売店

消費者

並行輸入

そして、表題の並行輸入についてですが、こちらは日本の正規代理店を通らない経路になります。

海外メーカー

海外の小売店・販売店

メーカーと直接関係が無い第三者が購入して輸入

日本の小売店・販売店(もしくは直接消費者へ販売)

消費者

このように赤字の部分に違いがあります。

海外で売られている商品をメーカーの正規ルートとは関係ない第三者が買い付けて、そのまま日本に流通させているわけですね。

個人輸入

本題とはそれますが、個人輸入についても少し触れておきましょう。

その名の通り、個人で海外から輸入するんですが、その範囲は個人利用するモノのみ

そうなんです、あくまで個人(自分自身)のために輸入する場合のことです。(輸入代行業者を使う場合もある。)

当然、様々なトラブルやリスクにも個人で対応していかなければなりません。

その輸入品を日本国内で販売する目的なら”業務輸入”となり、手続きや税金などのルールも変わってきます。

並行輸入のメリット・デメリット

言葉の意味がわかったところで、そのメリットやデメリットを見てみましょう。

その特徴を知らずに並行輸入品を買ってると後々困るかもしれませんよ・・・。

購入価格が安い

一番のメリットは購入価格の安さでしょう。

有名な海外ブランドであるほど日本国内で安売りなんかしません。

それはブランドイメージを守るためだったり、値崩れを抑えるためだったりと色んな思惑があるのでしょうけれど、とにかく定価に近い価格でしか販売されません。

しかし、並行輸入(海外で直接買い付け)でしたら、為替の変動で安く仕入れられたりするので、販売価格を安く抑えることが可能なんです。

例えばAmazonさんなんかでも並行輸入品を取り扱っていて、やはりリーズナブルな価格で販売されていることが多いです。

【calvin klein】 カルバンクライン ジャガードネクタイ CK009 (-2 グレー ) [並行輸入品]
【calvin klein】 カルバンクライン ジャガードネクタイ CK009 (-2 グレー ) [並行輸入品]

日本未発売の製品が買える

さらにもう一つのメリットが日本未発売の商品を購入できること。

実はこのようなモノは結構多かったりします。

日本未発売のカラーだったり、細かい仕様が違うだけでも、知っている人からすると「おぉっ?!」と思われることでしょう。

これは、その商品のファンの方にとっては、もしかしたら価格以上に重要な部分かもしれません。

スニーカーなんかは特に多そうですね。
adidas originals (アディダス・オリジナルス) STAN SMITH スニーカー ★ グレー 花柄 ドットプリント 【日本未発売モデル】 [並行輸入品]
adidas originals (アディダス・オリジナルス) STAN SMITH スニーカー ★ グレー 花柄 ドットプリント 【日本未発売モデル】 [並行輸入品]

アフターフォローが受けられないかもしれない

さて、ここからはデメリットの部分。

日本の正規代理店を通っていないため、メーカーさんのアフターフォローが受けられない場合があります。

製品自体の問題や欠陥によるトラブルだったとしても、です。

実際に海外の有名ブランドで、日本にも当然コールセンターがあるようなメーカーのお洋服が、並行輸入品だからという理由でアフターフォローを断られたケースがありました。

(洗濯表示通りの方法でクリーニングしたのにトラブルが発生し、そのフォローに関する問い合わせでした。)

並行輸入品を購入するときは、その商品にトラブル(欠陥や故障)が起きたときの対応をご自身で考えておかなければなりません。

商品説明が外国語

外国語表示

当然ですが、その商品についての説明書や注意書きは全て外国語です。

洗濯方法に関しては絵表示で視覚的にわかりますが、細かい取り扱いに関する外国語の説明なんて普通は読めませんよね。(汗)

この辺りも、十分に注意しておかないといけません。

並行輸入品って偽物?

こんな心配をされる方もいらっしゃるようですが、上記のフローを見ていただくとわかる通り、並行輸入品というのは本物であるはずなのです。

流通経路が違うだけで、商品そのものはメーカーの正規品ですからね。

並行輸入品だから偽物(コピー品)とは限りません。

ただ、業者さんによる・・・と言ってしまえばそれまでですが、正規輸入品と違って100%安心ではないということは覚えておかなければなりません。

まとめ

ネットショップで販売されている、明らかに正規品より安い多くの商品は並行輸入品です。

並行輸入品は確かに安いですし、日本未発売モデル!なんていわれると購買意欲が刺激されるのも非常にわかります。

でもメリットやデメリットをしっかりと理解しておくことが大切。

そのうえでショッピングすれば楽しみも増えそうですよね。

無料PDFがもらえるメルマガ会員登録はこちらから

ブログを見てくれた方だけの特別な割引はこちらから