染み抜き講習修了証書
これまでの染み抜きは、経験と勘に基づき行われる職人の世界でした。

しかし、染み抜きのメカニズムははっきりしており、本来はその理屈を十分に理解した上で行う化学的なものです。

弊社でも、長年行ってきた染み抜き技術を次段階へ移行するため、技術者2名が講習を受講し、更なるレベルアップを図っております。

その技術は、お洗濯.netの染み抜きに活かされ、高品質を守る一つの要因となっております。

このハイレベルな染み抜きが無料で行われるのも、お洗濯.netの大きな特徴です。

何故プロの染み抜きが必要なのか

ボールペン、醤油、汗。泥、食べこぼし、絵の具、化粧品、血液、マニキュア、カビ・・・etc。
お洋服につく汚れの種類は様々です。

これらのシミ、汚れの成分もそれぞれです。
実は、油性、水溶性、不溶性、これらが混ざったものに分類されます。

「家庭洗濯しただけでは落ないシミ」ができるのは、水で洗っても油性の汚れが落ちないからです。
(同様にドライクリーニングしただけでは水溶性の汚れは落ちない、という事になります。)

一つの洗浄方法で全ての汚れを落とすのは難しいのです。
そのため前処理、後処理での染み抜きが必要になってきます。

どのようにシミを落とすか

shimi2

シミの構造は、このようになっています。
上から順番にシミを落としていきます。

油性処理、タンパク・タンニンの水溶性処理、漂白の順番となります。
どんな状況においてもこの流れは不変です。

油の膜を落とさずに水溶性処理はできませんし、いきなり漂白もできません。

このようなシミを、専用の染み抜き剤を使用して落としていきます。
しかし、染み抜き剤をつけたからといって、その瞬間シミが消える程簡単ではありません。(そのような場合もありますが。)

熱をかけて温度を上げたり、時間をかけたりしながら落としていきます。
このような手間がかからず、一瞬にして汚れが落ちてしまうような洗剤は存在しません。

このため、プロの染み抜きが必要なのです。
品質へのこだわりへ戻る